〒157-0073
東京都世田谷区砧6-25-13
メディカルコミュニティ砧1F

03-5727-0007

メインメニューを開く
  • HOME
  • お知らせ
  • ふじ内科クリニックの院内感染予防への取り組み
ふじ内科クリニックの院内感染予防への取り組み

●3密対策
・長椅子ではなく、一人掛けの椅子を用いて、なるべく間隔が空くように配置しています。さらに、家族椅子以外はすべてパーテンションで区切られており、半個室感覚で診察をお待ち頂けます。
・現時点での受付番号を携帯電話で確認できます。受付後に駐車場などでの待機も可能です。検索サイトで当院ホームページを検索し、ホームページの左下にある<診察状況・混雑情報>をクリックすると閲覧できます。
・クリニック内には12か所の換気口があり、同時にクリニック全体を換気する事ができます。また、待合室の窓も開けて換気を行います。虫の侵入を防ぎ外から中が見えにくい網を張っています。

●飛沫感染対策
・発熱患者さんが来院された時は、速やかに別の隔離された空間にご案内しています。発熱のない風邪などの患者さんも新型コロナ対策の問診票を書いて頂き、可能性が否定できない場合は同様の対応をしています。
・受付全体を透明のアクリル板で覆い、職員と患者さんでの飛沫感染を防止しています。
・職員全員サージカルマスクを着用し、毎日交換しています。必要に応じて、フェイスガード、手袋、ガウンなどを着用致します。

●接触感染対策
・診察後の椅子やベッド、ドアノブなどは適宜消毒を行っています。
・待合室、トイレ、生理機能検査室にアルコール手指消毒液を設置しています。
・アルコール手指消毒液を職員用には、院内8か所に設置し手指消毒を徹底しています。
・発熱患者さんには、非接触型の体温計で測定を行っています。
・聴診器は、3つの聴診器を使い分けています。慢性疾患の方には慢性疾患専用聴診器を使っています。また、全ての聴診器は毎回消毒して使用しています。
・酸素飽和濃度測定装置、咽頭を診るライト、ボールペンに至るまで、2種類用意して、発熱の患者さんの診察と使い分けています。
・雑誌の設置、冷水の提供、トイレの空気乾燥機の使用は感染予防のため中止しています。

●その他の対策
・空気清浄機は効果の高い低濃度オゾン発生器を採用しています。富士山山頂よりも少し低いオゾン濃度に保ちます。フィルターもなく清潔な構造です。